弁護士に聞く遺言書作成の方法と注意点 遺産相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)相談

遺言書を作成する時に気を付けたいこととは?遺産分割協議書作成は?

弁護士に聞く遺言書作成の方法

頼れる弁護士が身近にいれば、遺言書作成の方法について知りたい事を尋ねると、すぐに答えが得られる事でしょう。遺言書作成の方法を調べたりしても、質問したい事が出てくる事もあるかと思います。

また、遺言書作成の方法を聞くだけでなく、代行までお願いする事ができます。

法律相談の際に質問するのであれば、遺言書作成の方法で聞きたい事をまとめてメモしておくと、必要な事を忘れずに質問できるでしょう。

遺言書作成の方法はややこしく感じられる部分もあるかと思います。本をみているだけでは、誰にも質問する事ができないので、困る事が出てくるかもしれません。弁護士と連絡が取りやすい状態であれば便利ですね。

遺言書作成と相続の対応について

大阪では、相続について全く事前に対応しなかったことが原因で家族間などで問題が発生したといったことが過去にあります。そのために、相続についてはしっかりと関連する法律などをしっかりと勉強しておくことをおすすめします。

なぜなら、すべて子どもに相続できるということはないからです。そのため、法律などを勉強して、それをもとに遺言書を作成すべきです。そして、このような法律があるから、こういう遺言になるということも説明するのが良いです。そうすることが親としての最後の努めであり、義務であるとも考えられているためです。

遺言書作成と被相続人の対応の取り方

遺言書作成の手続きを取るにあたり、被相続人の人数や資産の状況などをじっくりと把握することがとても大事です。また、時には弁護士や司法書士などの法律家のアドバイスを参考にすることによって、様々なトラブルを回避することがポイントです。

ニーズの高い法律事務所においては、遺言書作成に関する丁寧な対応が行われているため、もしも分からないことがあれば、すぐに相談を持ち掛けることが良いでしょう。その他、実際の遺言書作成にかかるコストの相場をチェックすることで、将来的な家計の負担額を最小限に抑えることができます。

終活のための葬儀場選び http://emergentanthropologies.net/

遺言書作成に使う遺言書キットの実用性

遺言書作成するにしても、どのように作ればいいのかわからない人に本屋やインターネットで販売されている、遺言書キットがおすすめです。守るべきルールが記載された本が付属されており、自筆証書遺言のサポートをする商品のようです。

遺言書の法律用語を漫画で解説することで理解しやすい構成がされています。ここで疑問なのはこの商品の必要性です。自筆証書遺言は、基本的に遺言書の知識があればできるといった意味であれば必要ありません。

ですが、初めて作る人が大半でしょうし、遺言書についての知識がある人はあまりいないと思いますので、サポートするツールとして考えれば悪くはない商品ではないかと思われます。

お子供が複数いる時に起こりうる遺産相続トラブル

遺産相続をする場合において最も遺産相続トラブルが起きやすいのが子供が複数いる場合です。これは遺産の大部分を占めているのが建物や土地、証券等といった分配しづらい資産である事が大きな原因となっており、最悪子供同士での争いに発展してしまう物となっています。

ではこの様な遺産相続トラブルを避ける為にはどうすれば良いのかというと、その方法というのは兄弟の中で遺産相続人は誰になるのかを確かめる事、兄弟間で法定相続人の分配比率を確かめる事、兄弟間で事前に話し合う事、話が纏まらない場合には弁護士へ依頼をする事の4つで、これ等を守る事によって遺産相続トラブルを防ぐ事が出来る物となっているのです。

相続税申告の方法と相続手続きの相談の時期

相続税申告の正しい方法をマスターするには、定期的に弁護士や司法書士などのプロにアドバイスを求めることが大事です。例えば、相続手続きに関する相談の料金の相場については、ネット上でしばしば話題となることもあり、忙しい生活を過ごしている人にとって、絶好のチャンスと言えます。

もしも、大手の法律事務所の実績について知りたいことがあれば、無料相談などのチャンスを利用することで、担当者とのコミュニケーションを図ることが出来ます。そして、相続手続きをスムーズに行ううえで、役に立つ知識を身につけることがテーマとなっています。

相続手続きを弁護士に依頼するタイミング

相続手続きを弁護士に依頼するタイミングは一体どのような時なのでしょうか?もし故人が遺言書を残している場合には、遺言書を開ける時には裁判所の検印が必要になりますので、その際に依頼すると一番いいでしょう。

もしその際にはまだ依頼しておらず、開封後、内容に納得がいかないので依頼をしたいとなった時には、なるべく早い段階で依頼をかけましょう。なぜかというと遺産分与において最終優先されるのは遺言書のため、後手になってしまうと、すべてことが遺言書の通りに進んでいってしまいますし、基本的にすべてが済んでから再度問題をあげることが認められていません。

ペナルティーが発生する相続手続きもあります

手続き全てに期限が設定されている相続手続きですが、期限内に全ての手続きを完了することが出来ないこともあります。相続税の手続きは、期限後申告書を作って提出したら期限後でも手続きは出来ます。

この手続きはペナルティが発生することがないですが、期限が過ぎた分の延滞税をとられてしまいます。延滞税は払うしかありませんので、遅れて手続きをする場合には、税理士に相談をして延滞税を支払ってください。相続手続きはペナルティ-が発生する手続きなどもありますので、手続きを行う場合には順序に気を付けて速やかに手続きをしてください。

相続で遺言書や説明図を作成するなら

相続は突然おこるうえに、手間と時間と労力が大変かかるものです。生前に財産の調査をしたり、遺言書や相続関係説明図を作成したりしておくと、残されたご家族の手間を省くことができます。

また、発生後になんらかのトラブルを抱えたり、自分ですべての手続きをおこなうことが困難だと感じたりした場合は、専門家に相談することをおすすめします。弁護士、行政書士、司法書士、税理士がこういった相談を扱えますが、多くの実績がある専門の事務所に依頼すると安心でしょう。大阪ですと、「遺産相続解決サポートセンター」などが専門事務所にあたります。

専門家がサポートする遺産相続相談

相続手続きは、財産を相続するための手続きです。配偶者や近しいご親族がこの世の人ではなくなった瞬間から、相続に関係する手続きは始まっているのだと思ってください。もちろん遺言書の有無や相続される方の意見なども相続を左右します。これらの内容次第で、相続に関する手続きのすすめられ方も違います。必ずしも円満にはいかず、複雑な問題に発展してしまうこともしばしばあるのが現状です。

このような相続問題を解決するために頼りになるのが遺産相続相談です。依頼者のために相続手続きを円滑にすすめるためのサポートを行います。こじれてしまった相続問題の解決と相続に関する手続きをスムースに行うためには、弁護士、司法書士、行政書士、税理士などの法律や相続税の専門家に依頼されることをおすすめします。相続される財産の総額や求められる解決方法などによって、どの専門家を選ぶのが得策なのか判断することが必要です。また、各専門家の連携が必要な場合もあります。相続問題を解決するためには、まずは遺産相続相談をされることがスタートとなります。

遺留分の影響について

遺留分があることで救われる人も多くいます。万が一ない場合には遺言書によって決められてしまい、愛人などに全部持って行かれてしまうケースもありうるからです。しかしながらそうした事態を避けようと民法上で、きちん守ってくれる様な取り組みがあります。

それが遺留分です。万が一、親族同士で泥沼化しそうな際には、専門家に依頼することをお勧めします。そうすることでスムーズに解決することができるからです。第三者が介入することで、親族同士のトラブルも消えて、円満な解決がのぞめるからです。そうしたことによって故人も救われる事と思います。

遺留分に関しての重要点とは

資産を所有している方が亡くなった時、残された家族への重要な課題となるのが遺産の相続問題です。様々な手続きを手順に沿って進める必要があると同時に、どのような相手にどのような内容での遺産が渡されるのか、法的にも定めが存在しています。

遺言書の有無や記載内容以外に気を付けたい事が、遺留分です。遺産を所有する方が亡くなった時の家族構成や続柄などによって、遺産の分配方式が決められており、兄弟や姉妹は対象に入りません。家族同士の大きなトラブルを避けるためにも、正しい情報を手に入れながら慎重な手続きを進めたいものです。

遺産分割協議の前に弁護士に相談する、または遺産分割協議に弁護士に立ち会ってもらうなどがいいと思います。

相続と遺留分について

遺留分は、法定相続人に認められた最低限の遺産を受け取る権利です。もしこの権利を無視した内容で遺言書作成がなされた場合、結論から先に言うと、法定相続人の遺留分が優先されることが一般的です。

知らないうちに贈与や相続がされていた場合は、減殺請求を行うことになります。ただし、その期限は1年間です。さらに、この権利はすべての相続人において適応されるわけではありません。例えば、相続放棄をした方、著しい非行があり裁判所の命令によって相続を排除された方、相続欠格者と言われる禁止行為を行った方などは、この権利が認められなくなります。

いつ行っても良い遺産分割協議です

遺産分割協議はいつまでにしないといけないという期限がありませんので、基本的にはいつ分割協議をしても良いです。しかし相続税は期限が設けられているので期限内に申告をしなくてはいけません。

分割協議が終わっていないと受けられない軽減処置なども多くあり、例えば配偶者の方が財産を相続する場合には、配偶者控除を申告することが出来ますが、相続税を申告する時に分割協議が終わっておらず相続の額が確定していない場合には、配偶者控除を申請することが出来ません。このように分割協議はいつ行っても良いですが、相続税などで控除を受けられなくなってしまうこともありますので、遺産分割協議は速やかに行うようにしてください。

遺産分割協議に未成年者がいる場合は注意が必要です

未成年者が相続人になる場合も多くあります。未成年者が相続人の場合には親権者である親が代理人となり、分割協議に参加するのが通例ですが、親も相続人で遺産分割協議に参加する場合には、親子で利害対立が発生してしまうので、親が子供の代理人を務めることが出来ません。

そのような場合には、家庭裁判所に申し立てをして、特別代理人を選任しなくてはいけません。特別代理人は、相続人に全く利害対立がない人を選任しなくてはいけないので、司法書士など雇い候補人として裁判所に申請することが多いです。候補人が適正かどうかは裁判所が判断します。

遺産分割協議書を作成しましょう

分割協議が終了したら、早めに遺産分割協議書の作成をしましょう。分割協議書は、誰がどのくらい財産を相続することになったかが明確に記載され、それに関わる全員が同意したことを証明する重要なものになります。

分割協議書には署名をして実印で押印をするようにしてください。後日同意の有効性を求められて場合に、簡単に立証する為です。印鑑証明書と、押印した実印を照合することにより分割協議書の有効性が証明できます。海外在住の方は、印鑑証明書の発行は出来ませんので、その代わりに署名証明書の添付が必要になります。それで有効性を証明することが出来ます。後にトラブルに発展させない為にも遺産分割協議書は作成してください。

メニュー

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書などの遺産相続に関する記事以外のお問い合わせはこちら

相続手続き、遺産分割協議書、遺留分、遺言書作成の詳細は弁護士、司法書士にお尋ねください。大阪、神戸、千葉、東京の弁護士、司法書士にご相談ください。

遺言書作成・遺留分について

相続税のお尋ねと税務調査

相続手続き

遺産分割協議