弁護士に聞く遺言書作成の方法と注意点

遺言書を作成する時に気を付けたいこととは?

遺言書作成のメリットについて考える

手間をかけて遺言書作成を行うメリットはあるのかという事について考えてみたいと思います。

遺言書作成のメリットとしては、まず家族間での争いを減らす事ができるという事が考えられます。遺産をめぐる家族間での争いが一度発生すると、元に戻せない事もあります。

一番大切な存在である家族が離散してしまう事もあるので、回避できれば遺言書作成のメリットは大きいと思われます。

自分の死後はどうなるか分かりません。ですので、生前には、特に遺言書作成のメリットは感じられないかもしれませんが、何の起きていない間にぜひ行っておきたいですね。

メリットを考えるより先に、遺言書作成を済ませておいた方がいいかもしれません。

遺言書作成と公証人について

遺言書作成のポイントを理解するためには、公証人のアドバイスを積極的に聞き入れることが良いでしょう。近頃は、遺言書に関するトラブルの件数が全国規模で増えてきていますが、様々なケースに対応をするために、しっかりと情報収集をすることが求められます。

遺言書作成のメリットやデメリットに関しては、ネット上で度々紹介されることがありますが、まずは経験者の意見を聞くことが大事です。その他、空き時間を利用しつつ、遺言書作成のコストの相場をチェックすることによって、将来的な負担をなるべく抑えることができるといわれています。

遺言書作成と原本の保管方法

遺言書作成を依頼するうえで、原本の保管方法を担当者から指示してもらうことがとてもおすすめです。近年では、遺言書作成をめぐるトラブルの発生件数が急増しており、相続人の間でのもめ事を回避するために、短期間のうちに必要な手続きを進めることが望ましいといえます。

また、遺言書作成のメリットを知るためには、高度なテクニックを習得しなければならないため、いざという時に備えて、信頼のおける法律事務所を見つけることが大事です。その他、原本の記載事項の内容について迷っていることがあれば、同様の立場の人と意見を交わすことがコツです。

遺言書作成と書類の開封のタイミング

遺言書作成をするうえで、書類の開封のタイミングをしっかりと見極めることが重要な事柄として挙げられます。最近では、大事な書類の保管の仕方についてこだわりのある消費者が目立ちますが、初めて遺言書作成をするにあたり、優秀な経験を持つスタッフから助言を受けることで、数多くのリスクにきちんと対処をすることができます。

遺言書作成の利点に関しては、素人にとって判断をすることが難しいことが分かっており、時には実績のある法律事務所の相談対応の良しあしに目を向けることで、誰しも有意義に手続きをとることが可能となります。

何通りもある遺言書作成 について

遺言書作成の方法は何通りもあるのですが、大きくは3通りと考えていいと思います。自筆証書遺言書と、公正証書遺言書と、秘密証書遺言です。大阪には、公証役場が多いので、公正証書遺言書や、秘密証書遺言書をつくる方には便利だと思います。

相続や、遺言書の書き方等についての、無料相談も行われていますので、困ったことがあったら、気軽に相談するのがおすすめです。残したい人に相続してほしい気持ちを実現するために必要なのが、遺言書ですが、遺留分というものがある事を忘れない事が大切です。遺留分が保障されるのは、配偶者と子供です。

遺言書作成にかかる費用は

遺言書を法律に沿って記載するというは中々行うものではないので自分一人でやろうとすると以外と時間がかかってしまいますし、本当にこの文章でいいのかと不安になってしまうこともあります。遺言書作成の際に強い味方になってくれるのが法律事務所や司法事務所です。

専門家の人が一つ一つ丁寧に説明してくれるので不慣れな人でもすぐに手続きをすることができます。しかしそうなった時に気になるのが金額はどれくらいかかるのかということです。東京や大阪などには沢山の専門事務所がありますが基本的にはどれくらいの財産の遺言書を記載するのかによって費用が変わってきます。100万円以下で5千円が相場と言われています。

遺言書作成通りに実行してくれる人選びも必要です。

自分が亡くなった後に、自分の意志を叶えてもらいたい。そんな時に役に立つのが遺言書作成です。比較的財産が多い人が残すケースがありますが、特に財産が多くなくても遺言書を残しておくべき人もいます。

未婚で子供がいない、身寄りのない人が自分の死後、残った預貯金などの財産をある特定の施設に寄付したい場合も、有効な手段となります。ただし、それを実行してくれる人を予め決めておく必要があります。信頼できる行政書士でも構いません。自分で書く遺言書は決められたルールがありますから、その点も確認しておくと良いでしょう。

遺言書作成で注意したい点について

終活として、遺言書作成する人も増えてきています。予算をかけずに自分で書く遺言書は手軽で簡単ですが、法律で決められたルールに沿って記入しておくことです。またパソコンなど現代機器が普及している時代ですが、手書きが原則です。

またホームビデオなどの画像も禁じられていますから注意してください。不備の無い遺言書であれば、遺産の分配もスムーズに進めることが出来るので、遺族間のトラブルを防ぐことができます。そのためにも遺産の割合など遺留分を考慮したものにしてください。せっかく遺言書を残したとしても、裁判沙汰になる可能性があるからです。

遺言書作成・遺留分に関する記事