弁護士に聞く遺言書作成の方法と注意点

遺言書を作成する時に気を付けたいこととは?

他の相続人に相談しつつ進めたい遺産相続

勝手に一人の人が遺産相続について判断して進めると、不仲になってしまう事も想像できますので、他の相続人に相談しつつ進めたいですね。遺産相続を他の相続人に相談しつつ進めると、いろんな意見を聞く事ができます。

遺産相続は金銭欲が出てしまいそうになる事もありますが、相談をする事でしっかりとコミュニケーションを取りながら、遺産相続を終えたいですね。

また家族への相談だけでは遺産相続の意見が一致しない事もあるかと思います。その様な場合には、無理に話を進めるのではなく、話を保留にして法律家に相談し、間に入ってもらった上で話を進めるのもいいかと思います。家族間の問題が出ない様に工夫したいですね。

遺産相続トラブル回避のため、分割方法を弁護士に相談

遺産分割を行うとき、不動産は現金や預貯金等と違って、簡単に分けられません。このため遺産相続トラブルとなるケースが多くあります。被相続人は相続人の事情を考慮し、弁護士や税理士などと相談の上、分割方法を指定して遺言書を作成するのが良いです。

不動産の分割方法には、主に三つの種類があります。まず、現物分割は所有するいくつかの遺産をそのままの形で分ける方法です。次に、相続する不動産を売却して得たお金を分割する方法があります。

さらに、相続人の共有で不動産登記を入れる方法があります。このように分割方法を指定しておくことで、相続開始後に争う事態を防ぐことが出来ます。

遺産相続における相続相談のメリット

遺産相続に関して、何のトラブルもなく、相続人たちの間で円満に遺産を分配できるのが最も望ましいことです。遺産相続のトラブルほど悲しいものはありません。しかし、それぞれの思いや主張もあることでしょう。

スムーズに話が進まないような場合は、遺産に関する法律に従って相続を考えていかなければなりません。また、後からトラブルにならないためにも、法律に則った方法で相続を行うことが大切です。遺産相続に関する法律がよくわからないような場合は、法律の専門家に相談するという方法もあります。優しく丁寧に教えてくれるので相談してみるメリットは大きいです。

遺産相続における相続放棄とは

相続放棄とは遺産相続における選択肢の一つであり、ざっくりと言ってしまえば遺産相続をせず、相続されるはずだった財産の一切を放棄することです。 例えば父が亡くなった際に長男が父の住んでいた実家を相続できた、しかし長男が相続を希望せず、その実家の権利を放棄したなどの場合には相続放棄が行われたことになります。 メリットとしては遺産相続の対象になっている負債などのマイナスの財産を引き受ける必要がないこと、相続の対象から外れるために相続争いに巻き込まれずに済むことなどが挙げられます。

ただし自分が相続人になったことを知った時から3ヶ月以内に家庭裁判所に対して相続をしないことを連絡しなかった場合には放棄が出来なくなりますから、もし放棄を考えているのであればこのことを事前に把握しておくようにしましょう。

認知症になる前に行いたい遺産相続相談

超高齢化社会と呼ばれる現在、年齢を経ることによって認知症になってしまうことも決して珍しいことではありません。認知症にもさまざまな種類や程度などがありますが、それまで問題なくできていた正確な判断や思考ができなくなる症状が進行することによって、財産の管理、相続手続きなどがむつかしくなるケースも見受けられます。

自分自身で管理がむつかしいと判断される場合、後見人制度という制度を使って、財産などの管理を依頼する方法があります。現在は症状がなくても、早めに専門家に遺産相続相談を行っておくことが必要です。遺産相続相談は司法書士や弁護士事務所などで行うことができます。

遺産相続相談の実際の対応について

相続手続きを速やかに行うためには、少しばかりの知識や経験が必要となることがありますが、実績のある法律事務所のサポートを活用することで、誰しもすぐに安心して行動をすることができます。

ニーズの高い遺産相続相談のサービスが導入されている法律事務所については、大手の雑誌などで特集が組まれることがあるため、いざという時に備えて、便利な知識を身に着けることが良いでしょう。

また、実際に遺産相続相談を依頼したことがある人からアドバイスを受けることによって、多忙な生活を過ごしている人であっても、何時でも役立つ情報を集めることが可能です。

相続税のお尋ねと税務調査に関する記事