弁護士に聞く遺言書作成の方法と注意点

遺言書を作成する時に気を付けたいこととは?

相続税お尋ねについて知る

詳しい相続の流れについては、専門家でないとなかなか詳しく把握できていない事もあるかと思います。相続税についてのお尋ねは、税務署が発送する物です。詳しい状況については分かりませんが、税務署が、高額の相続があった人に相続税についてのお尋ねを発送しているという事を考えると、何らかの形で高額な相続があった事を把握しているという事になります。

相続税についてのお尋ねが届いて、予想外の事でどう対応していいか戸惑う事もあるかもしれません。相続税お尋ねは、税理士に相談するのがベストでしょう。相続税についてのお尋ねの書き方など詳細についてアドバイスしてもらう事ができるでしょう。

相続税お尋ねの事例について

親族などが亡くなってしばらくすると「相続税お尋ね」という書類が税務署から送られてくることがあります。不動産、現金、生命保険など相続財産の種類は多岐に渡りますが、税務署は亡くなった方の資産の情報を保有しているため、相続税を納税する必要があるであろう相続人に対して「相続税お尋ね」により税申告を促しています。

これをそのまま無視しておくと税務調査が行われ、納税の必要があると認められると加算税や遅延金を合わせて納めなければならないという事例もあります。 まずは内容を確認し、弁護士・税理士といった専門家に相談して申告の要否を検討しましょう。

相続税お尋ねと課税との関係

相続税が発生する可能性が高いと税務署が判断した場合、相続税お尋ねが送られてきます。これを無視して申告をしていないと、税務調査により課税される可能性が高くなります。そして、無申告加算税や延滞税で余計な税金を支払わなければならないことも起こり得ます。

そのため、相続税お尋ねが送られてきたら、即座に弁護士や税理士に相談し、相続税の申告が必要なのかどうかについて相談しなければなりません。相続税の申告には、財産の内容や評価など、判断しなければならない様々な項目があり、それらに関する書類の準備にかなりの時間を要します。遺産や相続に詳しくない一般の方であれば、必ず弁護士や税理士などの専門家に相談することをおすすめします。

税務署から相続税お尋ね書が届いた時の回答方法

家族が亡くなって半年ほどすると、税務署から相続税お尋ね書が届く時があります。人が亡くなった時、その情報は税務署にも入るので相続税の申告が必要だと思われる方に対して送られてきます。その相続税お尋ね書には、相続税の申告書が同封されていることが多いです。

相続税の申告は、不要なのかする必要があるのかについては計算をしてみないとわかりません。それは税務署側も同じなので、相続をしたと思われる方にお尋ねしてきます。相続税の申告が不要な時は、お尋ね書を提出という形で回答して終了です。相続税の申告が必要な場合は、お尋ね書と共に申告書も提出しなければいけません。

相続税お尋ねについての判定とは

突然、自宅に相続税お尋ねの通知が郵送される場合があります。これは、将来相続税が発生される見込みのある自宅に送られてくるもので、税務署からマークされているものと考えられます。特に、相続人が亡くなってから4か月後に送付されることが多く、過去に申告した所得税などを考慮してすでに把握済みの状態です。

相続税お尋ねには簡易判定シートが同封されており、相続税の基礎控除額に満たない場合に限り、判定シートのみの提出で済むことができます。そのため、相続人にかかる税金の総額を知ることが遺族に求められ、最寄りの税理士に相談するのが一番です。

相続税お尋ねは専門の弁護士へ

相続って、どうしてもあまり身近ではないので考えることがないものですが、いざとなると以外と手間がかかるもの。 近年相続税の法改正があり、思いがけず相続税がかかってしまったという人も多いのです。

将来の相続に関することは専門の弁護士に生前から相談されることをおすすめします。 誰が相続人となるのか?相続税お尋ねを事前にすることで、相続税そのものを少なくし節税に繋がったりすることもあります。 せっかく築き上げた資産を後世に伝え、活用してほしいと思いますよね。そのためにはまず、専門の弁護士に生前のうちから話しておくこと。事前相談は将来に大きな差が出ること必至です。

相続税お尋ねとはどういう意味か?

相続税を申告した後、しばらくすると税務署から「相続税お尋ね」と言う書類が送られてくることがあります。「お尋ね」とあるので質問かと思うと大きな間違いです。その本当の意味は申告漏れがあるので修正してくださいと言う意味です。

多額の相続をした場合には、税務署はその財産について調査を行います。通常は時効は5年ですので5年前まで、悪質な場合は7年ですので、7年前までのお金の出入りについて、調査します。特に支出について誰に渡ったか、不明な場合は(説明できない場合)はどこかに隠されていると税務署は考えて課税します。「相続税お尋ね」が来た場合には調査は終わっていると考えて対処しましょう。

相続税のお尋ねと税務調査に関する記事