弁護士に聞く遺言書作成の方法と注意点

遺言書を作成する時に気を付けたいこととは?

過去の資産と遺産分割協議のポイント

遺産分割協議を行う際には、過去の資産や負債の総額を正しく計算することが欠かせないテーマとしてみなされています。 現在のところ、遺産分割協議を行う上で、法律家などにアドバイスを受ける人が増えてきており、将来的なリスクを回避するために、常日ごろから役立つ知識を身に着けることが良いでしょう。

また、過去の資産の分配方法に関しては、素人にとって判断が難しいことがあるといわれています。 そこで、経験豊富な弁護士や司法書士などに相談を持ち掛けることで、多忙な現代人であっても、冷静に判断をすることが可能となります。

遺産分割協議と負債額の計算方法

負債総額の計算をするには、高度なテクニックが必要となることがありますが、初めて遺産分割協議を始めるうえで、各分野のプロからアドバイスを受けることがおすすめです。

とりわけ、リーズナブルな価格の相談対応が行われている法律事務所は、全国各地に徐々に増えてきており、いざという時に備えて、依頼先の選び方をマスターすることが肝心です。 そして、遺産分割協議の際に決めるべき内容に関しては、それぞれの法律事務所の公式サイトなどで大々的に紹介されることがあるため、隙間時間を活用しながら、常に役立つ情報を得ることが大事です。

遺産分割協議と調停のメリット

遺産分割協議が長引いてしまった場合には、調停などの裁判上の手続きを進めることが効果的です。 最近では、遺産分割協議のコツについて、大手のメディアでしばしば紹介されることがあるため、少しでも迷っていることがあれば、便利な情報を仕入れることが良いでしょう。

また、調停の手続きの取り方について迷っていることがあれば、経験豊富な弁護士にサポートを依頼することで、何時でも安心して生活を過ごすことができます。 その他、遺産分割協議の費用の相場を理解することによって、長期的に様々なトラブルを回避することが可能となります。

遺産分割協議を無効としない為には

遺産分割協議で決められた内容は遺産分割協議書に記載され、相続人や受遺者全員の実印を押印する事で合意した事になります。つまり、全員の合意が無ければ、たとえ分割協議書を作成したとしてもその遺産分割は無効となり、これは特定の相続人を排除した場合などでも同様です。

遺産分割協議を無効としないためには、協議の前に遺産の範囲と相続人についての調査をしっかりと行う必要があります。そうした調査については一般の人が行うと正確性を欠く結果となる場合が多々ありますので、弁護士や司法書士、行政書士といった専門家に依頼すると手続きがスムーズに進みます。

遺産分割協議に強い弁護士の選び方

相続をする為には、遺産分割協議を行う必要がありますが、専門の弁護士に任せて行えば素早く円滑に行えるようになります。どのような人を選ぶか迷いますが、相続を専門分野としてやっている人を見つけ出し、依頼するようにするのです。インターネットで、専門分野を記載してあるのが普通で、その中から相続をメインで行っている所を利用するのです。相続の為にべらぼうな費用を請求してくる所もありますが、そういった所は無視するのが良いです。

料金もはっきりと明記してあり、安全性の高い所を選ぶようにするのが良いです。遺産分割協議は相続人すべて立ち合いで行いますが、協議で意見が一致した時点で、協議終了となり、協議書の作成に入りますが、協議書の作成は弁護士に行ってもらえば良いのです。

何でも引き受けてしまう所に依頼すると、税金問題などの事が、曖昧になってしまい、節税対策もろくに行えない時もありますので、専門分野を確認して、依頼する事が大切となり、控除できる可能性がある物や、税金対策の事までもしっかりと行ってくれるので、大変楽になり、無駄にはならないようになれます。費用は多少かかってしまいますが、いい加減な所に頼むよりも、専門分野として行動している方が安全に相続を行えます。

遺産分割協議においての遺留分について

遺産分割協議は遺産の分配において、相続人の権利がある人全員で話し合っていく場になります。遺留分においては遺言書の内容が理不尽だった場合において、認められる必要最低限の保証になり、民法で定められている内容になります。

このようなイレギュラーな場合以外においては、基本的には遺言書が優先されることが決められています。相続人同士が納得できるようにしっかりと話しあうことが重要になってきます。又、トラブルが起こりにくくする為に弁護士などの専門家に進行を依頼し、遺産分割協議を円滑に進めていくことをおすすめします。

遺産分割協議に関する記事