弁護士に聞く遺言書作成の方法と注意点

遺言書を作成する時に気を付けたいこととは?

遺産分割協議と権利の内容について

遺産分割協議の際に互いの権利を主張したい場合には、経験豊富なスタッフが在籍している法律事務所に相談を持ちかけることがおすすめです。 最近では、遺産分割協議の進め方に関して、大手の経済情報誌などで分かりやすく紹介が行われることがあるため、数々のリスクを最小限に抑えるうえで、空き時間を使いながら、便利な情報を集めることが良いでしょう。

また、遺産分割協議のメリットを理解するには、高度なテクニックが必要となることがあります。 そこで、まずは隙間時間を使いながら、親切な対応が行われている法律事務所の無料相談のチャンスを利用することが効果的です。

遺産分割協議書の書式について

遺産相続に関して揉めごとが起こった場合、遺産分割協議というもので解決をはかる方法があります。民法によって定められています。家庭裁判所に争いを持ち込む前に必ず行わなければなりません。

具体的には、相続人の方たち全員の参加と合意のもとで、話し合いによって遺産をどのように分けるかを決めることをいいます。それで解決できなかった時にはじめて、裁判所での手続きが可能となるのです。

裁判所によらず、相続人の方たちの間の話し合いで円満に解決できた方が良いに決まっています。分割協議は費用もかからないし、面倒な手続きも要りません。自由で融通のきく方法でもあります。第三者に入ってもらうこともできます。 話がまとまったら、後々のことを考えて遺産分割協議書を作成しておくことが一般的なようです。書式は、できれば公正証書が良いそうです。

遺産分割協議と相続人の所在

遺産分割協議を始める時には、所在の分からない相続人をしっかりと見つけることが重要なテーマとして捉えられています。 最近では、遺産分割協議の進め方について興味を示している人が少なくありませんが、将来的な不安をしっかりと解消するために、プロの弁護士や司法書士などに相談を持ち掛けることがコツといえます。

また、相続人同士の話し合いの記録方法に関しては、素人がすぐに理解をすることが難しいことが分かっています。 そこで、遺産分割協議のメリットやデメリットを早いうちからチェックすることが成功のポイントとして挙げられます。

遺産分割協議の再協議の必要性

遺産分割協議の手続きをとるためには、長い時間が必要となることがありますが、特に双方の言い分が違っている場合には、再協議の必要性を判断することが大切です。 最近では、遺産分割協議に関する問題を解決するために、初めから弁護士や司法書士などの第三者に依頼をするケースが増えてきており、将来的なトラブルを避けるために、常に正しい判断をすることがおすすめです。

その他、遺産分割協議の再協議を始めるためには、数々のテクニックが要求されるため、なるべく早いうちから依頼先の法律事務所のサポートの良しあしを比較することが重要です。

遺産分割協議の意外な落とし穴

相続が発生したときには、法律で定められた手続きでもって故人の遺産を分けなければなりません。 最も一般的な手法としては、相続人のすべてが遺産分割の協議をして書類にまとめ、記名押印するというものです。 もちろん、相続財産がほとんどない場合や、遺族の仲が良くて遺産をめぐってのトラブルが起こらない可能性が高いのであれば、あえて文書にする必要はないかもしれません。 ただ、それはレアケースであって、遺産分割協議書を作成しておくのが安全です。

遺産が何百万円というレベルであっても、相続人同士で分配するとなると、そのときに揉めることは珍しくありません。 そういった事態を防ぐためにも、相続が発生したら遺産分割をめぐっての協議を行い、内容が確定した時点で文書化しておくことが重要です。 遺産分割協議に際しては、思わぬ落とし穴がありますので要注意です。

というのは、分割協議が有効に成立するためには、共同相続人全員が合意することが前提です。 もし、相続人のたとえ一人でも欠けていれば、その分割協議は無効となるのです。 また、相続人の中に未成年者がいる場合は、特別な手続きをする必要があります。 というのは、夫が亡くなり、妻と未成年の子供がその遺産を相続する場合においては、母親は子供の代理人になることはできません。 そのときは、家庭裁判所が子供のための特別代理人を選んで、その代理人が遺産分割協議に参加する形をとります。

遺留分が守られている場合は遺産分割協議をすればおしまいです

遺産相続をするときに一番大変なのが、どうように分けるかです。亡くなった方が遺言書を書いてくれていて、遺留分もしっかりと守られていれば、遺産分割協議を行い家族が同意すれば、すんなりと遺産相続手続きは完了します。

しかし遺言書が無かったり、遺留分が守られていなく特定の人に優遇されているような場合は、弁護士などを利用し、適正に遺産を分割していかなければなりません。このような場合は、自分たちで遺産分割協議をして、納得したとしても後々もめてしまうケースが多いので、必ず弁護士を通し、法律に則って解決するようにしてください。

遺産分割協議に関する記事