弁護士に聞く遺言書作成の方法と注意点 遺産相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)相談

遺言書を作成する時に気を付けたいこととは?遺産分割協議書作成は?

遺産分割協議の円滑な進め方

遺産分割協議は兄弟で財産を分け合うようなときに話し合いをすることをする事です。しかし、ただの話し合いでは無いところがあります。それは一度話し合いがつくと、やり直しがきかないと言うことです。

お金が絡むデリケートな話し合いなので、弁護士を置きしっかりと話し合う必要があります。良く起こる問題は、特定の相続人に配分が多いとか、親の介護をしたので、自分の相続に反映させてほしいと言った問題です。円滑に遺産分割協議を進めるために戸籍などの証明書をあらかじめ用意しておくと良いでしょう。楽に協議に参加、進めることができるようになります。

起こりうるトラブルを避けるために作成する遺産分割協議

遺言が残されていない、遺言内容に不備がある、などの問題が起こったときに必要になる遺産分割協議ですが、これは、後に遺産問題で起こりがちなトラブルを未然に防ぐことも目的としています。

いくら仲のよい家族でも、多額の財産や高価な物が残されていた場合には相続で紛争になることが考えられたり、相続人が多かったり、喧嘩になり協力してもらえない、などになるとますます大変です。遺産分割協議は、遺産の分割を相談し、相続人全員が合意することが必要ですので、仲介に弁護士などを入れるのが理想です。そこでまとまった協議は、契約の意味を持ち合わせており、合意していないなどの意見が後に出ても、簡単に覆すことができません。

遺産分割協議の際の弁護士の選び方

財産を持つ人が亡くなった場合、特段の事情がない限りは亡くなった人の相続人がその財産を引き継ぐことになります。話し合いで分割を決めることを遺産分割協議といいます。

遺産分割協議を行う際に話し合いが上手くいかない場合もあり、そのような時には法律の専門家である弁護士に相談することで解決に向かうこともあります。弁護士を探す時には相続問題を得意としていることが大切です。相続問題の実績があり、知識や経験が豊富な弁護士を選ぶことが重要なため、ホームページなどで確認する必要があります。また、質問にしっかり答えてくれるなど話しやすく自分に合っていることも大切です。

遺産分割協議をスムーズにすすめる為に

遺産分割協議というと難しく聞こえますが、要は相続についての話し合いです。できれば揉めずにスムーズに終わらせたい話し合いでしょうがトラブルになる事例もあります。

トラブルになりやすい事例としては、特定の人物に偏って配分が偏っている場合や遺言書の内容に不満がある関係者が居る時、亡くなる前の介護をおこなったなどの貢献(寄与)分を反映してほしいなどがあります。親しい親族間でおこなわれる話し合いの為、一度トラブルになると大きくなってしまう事例も多いのではやめに、遺産分割協議が得意な弁護士に依頼してしまうのもトラブル回避の有効な方法です。

遺産分割協議を作る必要性について

大事な家族を失っても、そこで発生する遺産の有無によっては、それに関するさまざまな手続きをすぐに始める必要性があります。遺言書があれば、それが優先されるため、遺言の内容沿った形で分配することができますが、無い場合や遺言書が正確ではない場合は遺産分割協議などの手段を取る必要が出てきます。

相続人が1人だけであればすべてを相続することになますが、該当者が何人もいる場合や、複雑な家庭環境でトラブルになりそうな場合には、遺産分割協議を作成しなければなりません。相続人全員が合意したものであれば、よほどのことがない限りは後々にそれを覆すことができないため、相続手続きの面でも安心です。

遺産分割協議に関する記事

メニュー

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書などの遺産相続に関する記事以外のお問い合わせはこちら

相続手続き、遺産分割協議書、遺留分、遺言書作成の詳細は弁護士、司法書士にお尋ねください。大阪、神戸、千葉、東京の弁護士、司法書士にご相談ください。

遺言書作成・遺留分について

相続税のお尋ねと税務調査

相続手続き

遺産分割協議