弁護士に聞く遺言書作成の方法と注意点

遺言書を作成する時に気を付けたいこととは?

遺留分の計算の基礎になるもの

遺産相続をする場合、故人の意思は遺言書によることが多いです。相続額は遺言書に書かれていることが優先されますが、特に縁の深い相続人が遺言書により不遇な扱いを受ける場合、遺留分という形で救済される制度があります。

遺留分を請求できるのは故人の配偶者・子ども・両親に限られます。この制度は、遺族の生活の安定を目的として民法で定められたものです。この遺留分の計算の基礎となるなるのは、被相続人の死亡時の財産額ではなく、死亡前1年以内の生前贈与の額も含まれます。場合によっては、それ以前の贈与額まで含まれることがあるので、よく調べてから遺言書を作成しましょう。

遺留分と書類の作成方法

遺留分を取り戻すためには、様々な書類の作成が必要となることがあるため、信頼度の高い法律事務所にサポートをお願いすることがおすすめです。また、ニーズの高い法律事務所のサポートの良しあしについて迷っていることがある場合には、短期間のうちに便利な情報をキャッチすることが大事です。

現在のところ、遺留分の金額の計算方法にこだわりのある人が増えてきており、早いうちから依頼先のシステムの特徴を理解することが求められます。その他、遺留分の概要を把握することで、いざという時にも冷静な判断をすることができるようになります。

相当の遺留分を取得するには

相当の遺留分を請求するためには、様々な知識や経験が必要となることがありますが、早期にプロフェッショナルに対応を任せることがとてもおすすめです。近頃は、遺留分に関するトラブルの解決事例の多い法律事務所に対してニーズが高まってきており、満足のゆくサービスが行われている依頼先の選び方をきちんとマスターすることが大事です。

一般的に、遺産相続の際に発生する遺留分の総額については、それぞれの財産の種類や価値などによって、大きな違いが見受けられることがありますが、サポートの行き届いている法律事務所にお世話になることが有効です。

遺留分を獲得する方法について

遺留分を獲得するためには、他の相続人に対して権利を主張しなけらばならないため、なるべく早いうちに弁護士を代理人として立てることが重要なポイントとして挙げられます。

近頃は、遺留分に関するトラブルを抱えている人が大勢いるといわれていますが、時には裁判上の手続きの進め方について、正しい知識を身に着けることが欠かせないテーマとなりつつあります。

また、もしも、遺留分の請求のタイミングについて迷っていることがある場合には、人気の高いスタッフがそろっている法律事務所のサービスの良しあしを比較することが望ましいといえます。

遺留分を請求出来る割合について

遺留分は兄弟姉妹を除く法定相続人が最低限取得する事ができる割合を言います。それを請求する金額は、遺産に2分の1、直系尊属のみが相続人の場合は3分の1を乗じて権利を有する法定相続人が取得できる総額を算出し、その金額を法定相続分で按分する事で求めます。

例えば、妻と2人の子供を持つ被相続人の1000万円の遺産が遺言で孫に遺贈された場合、1000万円に2分の1を乗じた500万円が妻と子供が請求できる遺留分の総額となり、それに法定相続分(妻が2分の1、子供が4分の1ずつ)で按分した金額が妻と子供が相手に請求できる金額となります。

遺留分減額請求は弁護士を通した方がいいの?

遺留分減額請求をかける際には弁護士や司法書士を通した方がいいのでしょうか?もし相手との交渉が長引いてしまいそうな場合には最初から依頼しておいた方が懸命です。弁護士でも一度複雑に絡まってしまった問題を解くのは非常に難しいためです。

もしこじれてしまうと最終的には裁判が必要になってきますので、それから頼むのであれば、最初のうちに相談だけでもしておいた方が安心です。また話し合いの際も第三者がいた方がお互い感情的にならずに話すことができるのでスムーズなやり取りができるという効果もあります。費用はかかってしまいますが、手間のかかる交渉などを思うと効率はいいです。

大阪弁護士会

HP

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

遺言書作成・遺留分に関する記事