弁護士に聞く遺言書作成の方法と注意点

遺言書を作成する時に気を付けたいこととは?

遺産相続手続きにおける遺留分の重要性とは

遺産相続手続きにおける遺留分は、被相続人が死亡する前に作成された遺言書に対して、異議申し立てができる制度となります。この制度は民法によって定められていて、不公平な遺言書が作成された場合にそれを阻止する権利を持っていて、必要最低限の分け前を保証されている制度となります。

見落とされがちな制度ではありますが、与えられた権限ですので、きちんと主張していくことが重要であります。不明な点や疑問に思う点があるようでしたら、速やかに遺産相続を専門とする機関に相談することです。後になって後悔しないためにも全力で行うことをおすすめします。

遺産相続手続きにおいて遺留分をするには

遺産相続手続きの際に注意してほしいのは本当に自分が受ける分与はないのかということです。例えば遺言に誰かの名前のみ記載があったとしても自分が故人の配偶者、両親、子供にあたる場合には遺留分を請求できる権利がありますので、しっかり確認しておくことが大切です。

遺留分は分与できる財産の存在を知らない場合には10年、知っていた場合には1年の期間が設けられているため、期限が過ぎてしまうと請求をかけることができなくなってしまいます。(逆にいえば期限の中でしたらいつでも請求をかけることが可能です)損することがないように管理しましょう。

遺産相続相談の中でも多い遺留分請求とは

遺留分という単語を聞いたことがある人は中々いないと思われますが、遺留分請求という単語が別途あるのをご存じでしょうか?こちらは遺留分とは切っても切れないもので、故人が自分の配偶者や、親、子供だった場合には必ず知っておきたい制度です。

基本的に遺産相続に関しては遺書が最優先されると言われています。しかし遺書に書いてあったものが配偶者などを一切含まなかった場合には、遺書にどう記載があったとしても遺産の内何パーセントかは必ずある一定の親族がもらうことができるという制度があり、その請求のことを言います。その手続きの処理方法などは遺産相続相談所で聞くことができます。

遺産相続相談なら弁護士に

家族が亡くなっても、悲しんでばかりではいられません。死亡届を提出して、葬儀を終えたら遺産の相続手続きについて考えなくてはいけないのです。亡くなった被相続人が遺言を残しているか確認しなければなりません。

遺産相続相談は、相続問題に精通している弁護士に相談するといいでしょう。弁護士が一人或いは複数所属する法律事務所が地域ごとにあります。被相続人も、相続に関して希望があれば遺言を残すといいでしょう。遺留分、家族の思いや関係性を鑑みながら、遺言を書いておくのです。相続問題で家族が争い憎み合うのは悲しいものです。家族皆が幸福に感じられる相続ができるのがベストです。

事情を抱えた遺産相続相談

通常自分が亡くなった後は、相続人が遺産をうけとりますが、遺産相続相談には、実の子供であっても相続させたくないといった相談もあります 。例えば生前、何度も手を挙げられたなど、暴力行為があってトラブルがたえなかったり、多額の借金で親に負担をかけていたなど、子供であっても相続させたくなければ、その旨を法的に手続きしなくてはいけません。

ただし遺言書にした場合は、その子供は遺留分として請求できてしまうので、全くゼロにすることは難しくなってしまいます。そのため、生前に家庭裁判所へ相続人排除の申し立てを行い、認可してもらうのが良いとされています。

遺留分を行使するケースとは

遺産の相続をおこなっていく中で、納得いかない部分や理不尽な内容が、突きつけられる場合も考えられます。その一つとして遺言書でそのようなケースが発生してしまうことがあります。

遺言によって親族以外の人に対して財産分与があり、遺留分権利者の受け取る財産が著しく侵害されている場合には、必要最低限の財産になりますが請求できることが法律によって定められています。

請求することを遺留分減殺請求といい、兄弟にはこの権限は与えられていません。認められている人は、正当な遺産を受け取ることが可能になりますので、与えられた権限を行使することは非常に重要なことと言えます。

大阪弁護士会

HP

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

遺言書作成・遺留分に関する記事