弁護士に聞く遺言書作成の方法と注意点

遺言書を作成する時に気を付けたいこととは?

実績で選ぶ相続税の相談をする弁護士

同じ弁護士に法律費用を支払って相続税または相続の相談をするのであれば、相続税や相続について専門的であり、なおかつ実績が多い人の方が、ベターな対応をしてくれるのではないかと期待している人も多いのではないでしょうか。

相続税または相続を扱う事ができる弁護士を見つけるのはさほど難しい事ではなく比較的容易な事ですが、さらにこだわりを持つ人は、相続税や相続に関する過去の実績などを参照したりする人もいます。

相続税などで裁判になった際などは、弁護士の力量によって違った結果になる事も考えられます。ですので、弁護士や法律家選びには特に気を使っている人も多いのではないかと思います。いい弁護士や法律家に出会う事ができれば、気持ちの面において楽になる事もあるでしょう。

相続税お尋ねの通知には税理士へ相談を

親族が亡くなってから数か月後、相続税お尋ねと呼ばれる書類が送付されるケースがあります。これは、今年度相続税が発生される世帯に送られてくるもので、要は「税務署に相続税の申告を行ってもらいたい」メッセージのようなものです。

ちなみに、相続税お尋ねの通知を無視した場合、無申告の課税が課せられて税金が高くなってしまします。このような場合、専門家である税理士に相談するのが一番で、相続税にかかる資産の内容・名義を把握してくれます。

親族一同が「固定資産の情報」「生命保険金の調書」などを熟知するのは難しいので、やはり最寄りの税理士事務所に伺うことが勧められます。

相続税お尋ねが届いたら申告書類の作成が必要

税務署は市区町村から通知される死亡届の記載内容や亡くなった方の固定資産、預貯金、生命保険の加入状況などから、相続の発生と相続財産の状況を把握しています。そこで、相続税が発生すると見込まれる場合に税務署から「相続税についてのお尋ね」が送付され、申告が必要になります。

しかし、相続税お尋ね書が届いても相続税が発生しない場合もあります。相続税の納税が必要かどうかは、亡くなった方に借金が多いなど状況によって変わります。また、申告書類の作成には財産の内容や評価などの情報も必要となります。そのため、相続税お尋ねが届いた場合には弁護士や税理士などの専門家に相談して、書類作成することが多いです。

遺産相続相談のチャンスを活用しよう

法律事務所の遺産相続相談のサービスを活用することによって、親族間のトラブルのリスクを最小限に抑えることができます。また、相続手続きに必要な費用の相場についてわからないことがある場合には、同年代の人々のアドバイスをしっかりと聞き入れることで、何時でも冷静に行動をすることがとてもおすすめです。

一般的に、遺産相続相談のコストは、高額に設定されることがありますが、顧客対応の良い法律事務所を選ぶことがコツとして挙げられます。その他、遺産相続相談のタイミングをじっくりと検討することで、何時でも安心して対応をすることが大事です。

遺産相続相談の際の代理人の選定方法

遺産相続相談のサービスを初めて利用するにあたり、経験豊かな弁護士に代理人として活動をしてもらうことがとてもおすすめです。最近では、相続手続きの取り方について、数々のメディアで分かりやすく紹介されるケースが増えてきていますが、数々のトラブルに対応をするために、第三者のスタッフに対応を任せることが肝心です。

大手の法律事務所においては、遺産相続相談のサービスの充実度が高まっており、いざという時に備えて、納得のゆくまでアドバイスを受けることが大事です。その他、遺産相続相談の時期をきちんと見定めることがポイントとなります。

お墓の費用や仏壇費用は?遺産相続手続きについて

人が亡くなったら、その人が生前所有していた財産を、相続する権利を持つ相続人で分配することになります。生前に遺産相続手続きを亡くなった人が弁護士などに相談して証書などに残していた場合は、それに則って分配されます。

遺言などがない場合は、法律に基づいて遺産相続手続きをすることになります。

大阪でお墓を購入したり仏壇を購入する場合、それは相続財産から差し引くことができません。亡くなった人が購入するのではなく、遺族がお墓などを購入することになるので、遺産相続手続きをするときはそれらの費用がかかることを相談してから、遺産分配をすることが必要です。

相続手続きに関する記事