弁護士に聞く遺言書作成の方法と注意点

遺言書を作成する時に気を付けたいこととは?

相続に関して裁判所が関与しない遺言書作成とは

遺言書を残すことが多くなってきています。財産の継承で紛糾しないためには有効な手段ですが、この遺言書は一般的にその遺言書が有効なものかどうかの見極めとして裁判所にて検認という作業を経る必要があり、このプロセスを踏まないと遺言書が無効の扱いをうけることがあります。

せっかくの故人の遺志が生かせないだけでなく、相続問題が紛糾します。そうならないための遺言書作成の方法として公正証書遺言書があります。この公正証書遺言書では公証人役場にて公に効力を認めて作成しているので検認という過程はないです。そのために遺言書が無効にならず、相続問題のスムーズな解決に向きます。

遺言書作成の手続きの内容について

遺言書作成の手続きの取り方については、様々なメディアで分かりやすく紹介されることがありますが、短期間のうちに便利な情報をじっくりと仕入れることが望ましいといえます。

現在のところ、遺言書作成の費用の相場に関して、ネット上で度々ピックアップされるケースが増えてきており、いざという時に備えて、役立つツールを活用することが肝心です。

また、遺言書作成の時間については、それぞれの家庭の事情によって、大きな違いがみられることがあるため、まずはなるべく多くの情報源を使いこなすことが重要な課題として挙げられます。

長男が遺言書作成をするケース

長男が遺言書作成をする場合には、被相続人の主張をしっかりと受け止めることが重要なポイントとなります。また、遺言書作成の効力を発揮させるためには、様々な手続きが必要となることがあるため、事前に信頼度の高い法律事務所のスタッフと打ち合わせをすることで、数々のトラブルを解決できます。

現在のところ、遺言書作成に関する無料相談のサービスが用意されている法律事務所が多くあります。そこで、事前に腕利きのスタッフと相談をしつつ、冷静に手続きを進めることによって、法律上の様々なリスクを未然に回避することが可能です。

トラブルを防ぐ遺言書作成

相続される遺産の中には不動産や有価証券、事業を行っている場合には、事業に関するものまで幅広くなっており、多くの資産を持っている人の場合には、トラブル防止のために生前から遺言書作成をしておくことが重要になります。

遺言書がない場合には、相続人同士で遺産分割協議をすることになるので、被相続人の思い通りに遺産が相続されない可能性があるでしょう。場合によっては、事業がしっかりと承継されなかったり、土地や家屋が遺産分割のために売却されてしまうようなことも考えられます。遺言書作成は専門家に相談しながら進めていけば思い通りのものを作成できるでしょう。

遺言書作成の方法とは

遺言書作成については、遺産の相続に関して全ての効力が発生する訳ではないものの、財産分の指定や特定者への遺贈をはじめとする複数の項目を、遺言書の内容次第で指定することが可能です。大阪や東京などの都市を中心に、弁護士や行政書士などの国家資格を有する専門家は、全国的に多数存在しています。

関連事務所や企業団体などでは、無料の相談窓口なども設けられており、遺言書に関する様々な疑問点を解決させることもできます。また遺言書と併せて、遺産相続に関する知識や情報も入手できるため、正しい知識を用いた上での遺言書作成が可能となります。

遺言書作成の方法とは

遺言書作成の際には、リサーチが必要となってきます。遺言書にはいくつかの方式がありますので、ルールに基づき自分にあった方式を選ぶことが、必要となってきます。方式は大きく分けて3種類あり、自筆証書遺言や公正証書遺言、秘密証書遺言などがあります。

曖昧のまま作成してしまうと、無効になってしまう場合がありますので、まずは専門家に相談してみることです。専門家は東京や大阪などの場所に事務所や機関を設けられていますので、気軽に無料相談に参加する事が可能です。又、遺言書キットなどのツールもありますので、作成の際には役立ててもいいかも知れません。

遺言書作成における自筆証書遺言について

遺言書作成する方法の一つに自筆証書遺言の方法があります。自筆証書遺言は費用をかけることなく自筆で作成しますので、手軽に作成でいる遺言書になります。しかしながら、一方で内容や表現がはっきりしない場合には、無効になってしまうケースもありますので注意が必要です。

また、執筆した遺言が紛失してしまい発見されないケースもあります。しかしながら、ライフスタイが変わって行くに合わせて遺言書もアップデートすることができますので、こまめに作成することが可能になります。相続がおこなわれる際には、自筆証書遺言のタイプの場合には家庭裁判所に検収を受ける必要があります。

遺言書作成・遺留分に関する記事