弁護士に聞く遺言書作成の方法と注意点

遺言書を作成する時に気を付けたいこととは?

遺言書作成は遺言者の体調にも配慮して

法的に確実に実行される遺言書作成したいとお考えなら、大阪であれば管轄する地域の公正役場で作成してもらえる公正証書遺言書があります。役場まで出向く手間隙や、費用はかかるものですが、自分で書き上げる遺言書とちがい間違いがありませんので安心感もちがいます。

もし、病後などで手が不自由な場合で字がかけないといったことがあれば、自筆遺言書は法的に認められません。公正証書遺言書であれば、原案をもとに、公証人が記入するものですから、このような状態の場合は依頼したほうが良さそうです。また体調が優れない場合は、公証人が出張することも可能です。

必要な遺言書作成について

大阪や東京などの都市部には、弁護士や行政書士などの国家資格を持つ専門家が多く、在籍している専門機関には様々なものが存在しています。資産を所有する方にとって大切な作業となる遺言書作成は、自分で作業を行うこともできますが、専門的な知識が必要となる場合もあります。

どのような相手へ、どのような遺産が相続されるのか、遺言書として意思決定を示す場合は、有効なものでないと判断基準になりません。法律に特化した専門家へ相談を行うことにより、正しい遺言書を作成することが可能となります。遺産相続の際に発生しがちなトラブルを避けるにも画期的です。

遺言書作成の際に気を付けたい事とは

自分が資産を所有している場合、また相続人が複数人いて、争いが予想される場合などにおいては、遺言書作成という作業が重要となります。亡くなったときの家族構成などによっても、遺産がどのように扱われるのかは法律に定めらており、遺言書を作成することによって、自分の意思による遺産の引継ぎを行うことが可能となります。

しかし、遺言書の内容に偏りがある場合などについては、残された家族同士の間でトラブルが発生する可能性も否定できません。大阪などの都市部には専門家が多く存在しており、弁護士事務所などへ相談を持ち掛けることによって、正しく作成できます。

遺言書作成の決まりを知っていますか

自分で「遺言書」を書く機会は人生においてそう何度もあるものではありません。自分に誰かに分与するほどの財産がない場合には書かなくてもいいものになりますので一生書かない人もいるくらいです。

遺言書作成する際には思っているよりも守らければならないルールがあります。一つ目はこの書類を記載した日の年月日をきちんと記載すること、二つ目はどこかに自分の署名捺印を押すこと、見つめは必ず全ての文章を自分で記載することです。仮に自分の手で全ての文章が書かれていても署名捺印がないものに関しては無効となります。そういったことを防ぐためにも不安な人は大阪にもある専門相談所などに電話で確認してみると安心です。

遺言書作成の大切さについて

生活の多様化や家族の在り方、遺言書キットの発売などにより、遺言書作成は身近なものになりつつあります。自身で作成していくことも可能ですが、作成の方法だけではなく遺言書における考え方も教えて下さいますので、作成するうえで専門機関に指導を依頼する事は大切な事と言えます。

専門機関は大阪や都内などに数多くありますので、まずは問い合わせてみてもいいかも知れません。遺言書を作成する事で自分の人生を振り返り、家族に遺産の相続ができますので、遺言書を作成することは大切な事と言えます。自分自身と向き合い、遺言書を作成してみてはいかがでしょうか。

遺言書作成の内容について

15歳になると遺言書作成できる事はご存知ですか。遺言書を見たことない人も多くいることでしょう。しかしながら、生活のスタイルが多様化しているなかで、万が一の際に起こりうる事柄に対し、備えておく事はこれからの人生に必要だと言っても過言ではありません。

また、ライフステージに応じて書き直すこともできます。遺言書には3種類の方式がありますので、見比べたうえで自分に合った適切な方式のものを採用していくことが大切になります。全国各地に弁護士や司法書士などの専門家や、専門の機関が設置してありますので、必要に応じて依頼してみることをおすすめします。

専門家から遺言書作成をすすめられる人の特徴

専門家から遺言書作成を勧められる人は一体どのような環境にいる人なのでしょうか?相続人がいないという人はまず第三者に何らかの形で自分の持ち物をどうするのか伝える必要がありますので、作成した方がいいと言われています。

また家や土地など、簡単には親族の間で分けることができないような遺産が多い人は、自分が死んでしまった後にトラブルになりやすいのではっきりとした意思表示を残しておくことが大切です。

またこちらも難しいのですが二世帯住宅に住んでいるような場合にも死後、住んでいる息子娘夫婦と他の親族の間で問題になってしまうことが多いので、対応を考えておいた方がいいです。

遺言書作成は夫婦共同でできる

遺言書作成を行って残された人たちに自分の遺産の分割について指示を出しておくという事は非常にいいことですが適当な内容の遺言書はかえってトラブルを引き起こします。そういったトラブルを避けるためにも遺言書作成の原則を知っておきましょう。

まず遺言書の作成は夫婦であっても一緒に作成する事はできません。一人一人で作成をする必要があります。しかし2人の意見が食い違っていると大変ですので、作成する時にはしっかり打ち合わせをしてからにしましょう。しかし同じ封筒にそれぞれの遺言書を入れることができます。そういった場合には先に亡くなった方の遺言が採用されます。

遺言書作成に必要なものは?

遺言書作成をする際に何か必要なものはあるのでしょうか?自筆遺言書を作成するつもりなのでしたら特に必要なものはありません。紙などにも特に決まりはないので、見やすい紙に見やすいように記載すればOKです。

ただし公正証遺言書を作成する場合には持っていかなければならない書類が何点かあります。

①故人の戸籍謄本②印鑑登録証明書…こちら2つは3カ月以内にとったものでないとダメです。③相続人の戸籍謄本④不動産などがある場合にはそれらの証明書が必要になってきます。公正証遺言書を作成する際には証人が2人必要なのですが、この方たちの証明書も必要になってきます。

遺言書作成はプロに任せよう

公正証遺言書を作成するメリットはどうでしょうか?費用がそれなりにかかりますので、その分のメリットが欲しいですよね?一番のメリットは「間違いがない」ということです。遺言書作成には様々な決まりがあり、それに基づいていない遺言書については無効になってしまいます。

しかし遺言書のプロである直接公証人が作成してくれればそういった無効になる可能性が非常に低いです。また公証役場で保管されるので誰かに偽造される可能性がほとんどないというのも魅力的です。本やドラマの中だけでなく、遺言書の偽造は行われていると言われています。

遺言書作成を自分で行うメリット

遺言書作成を自分で行うメリットはどこにあるのでしょうか?

①費用を抑えることができるということ…専門家に頼めばそれだけ作成代行費用がかかってきますので、自分で作成することができればその費用は0円に抑えることができます。

②いつでも自分が書きたい時に書ける…誰かに頼むとなると、その人に予定を合わせなければならないため、今すぐに、思いたったらすぐにという風には動くことができません。しかし自分で記載する時は朝でも夜でもいつでも書くことができます。

③自分の言葉をそのまま伝えることができます…専門家に依頼するとどうしても文章が硬くなってしまいますが、自分で作成すればそういったことを防ぐことができます。

遺言書作成・遺留分に関する記事