弁護士に聞く遺言書作成の方法と注意点

遺言書を作成する時に気を付けたいこととは?

相続手続きに向けて最初に行いたい事

まず、相続手続きに向けて最初に行いたい事があります。何を遺産として相続する事ができるのか確かめる作業があります。預金、生命保険、株式など、不動産、車などいろんな物がありますので、これらをすべてリストアップします。忘れている物がないか確かめながら行いたいですね。

相続の手続きに向けて、誰にいくら分配するか気になりますが、順番に手続きを進めていきたいですね。法律家に相続の手続きを手伝ってもらうのであれば、決定すべき内容などを教えてくれますが、自分達で行う場合には、相続の手続きに必要な内容を漏れなく、話し合う必要があります。

ポイントとなる大事な箇所を逃さない様に話を進めたいですね。

相続手続きは、専門家の協力を得る

相続手続きは、煩雑なものが多いです。一般の人では容易ではない手続きもあるので、専門家に依頼をした方が良いケースも多々あります。例えば、相続手続きの中でも重要な相続人の調査では、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本等、相続人や父母、祖父母、兄弟姉妹などの戸籍謄本など、膨大な数の謄本を収集しなければなりません。

一般の人がそれを全て収集しようと思ったら、費用も時間もたくさん掛かり、その他の相続手続きの期限に間に合わない場合もありますが、職権のある専門家であれば時間も掛からず必要な書類を用意できます。費用対効果を考慮すれば、そうした人の協力を仰ぐことが賢明と言えます。

相続手続きを弁護士などに相談するメリット

遺産などの相続手続きというのは、相続する金額や相続人の数が多いほど揉めやすくなり、解決するために多くの時間やお金が必要になることも多いです。そこで、弁護士などの専門家に相談することで、解決までの時間やお金を大幅に節約することが可能になります。

特に相続手続きにおける遺産分割協議においては、個々が自分の利益のために主張することによって話し合いが混乱しやすくなるので、話をしっかりとまとめるという意味でも、弁護士などの専門家は強い味方となるでしょう。また、今後再び揉めるようなことがあっても、事態をよく把握しているので、混乱を最小限に抑えることが可能になります。

相続手続きの遺産分割で遺言書がある場合

遺言書がある場合でも、相続手続きの遺産分割協議を行う場合があります。例えば、遺産の分割についてその割合のみを指定している場合や、特定の財産の処分のみが指定されている場合などがそれに該当します。こうした場合、相続人や受遺者は遺言書に記載された内容を遵守しながら、記載されていない遺産の分割について協議を行う必要があります。

この場合でも、通常の相続手続きである遺産分割協議と同じく相続人や受遺者全員の合意が無ければ、その分割は成立しませんので、合意が無い場合は家庭裁判所で調停や審判を受け、遺産の分割を行う事になります。

相続手続きの相談を行う際、予約は必要なのか?

大阪には一般市民でも気軽に相続手続きの相談が持ち込める法律事務所があります。

何かと親族間で揉め事の火種になってしまうのが、相続手続きです。仲良しだった兄弟姉妹が親の遺産を巡って喧嘩をしてしまう事例は、枚挙に暇がないレベルですので、必ず揉め事を避けるためにも、プロの知恵を借りるべきです。

法律事務所に行く場合、必ず予約を入れましょう。飛び込みでも快く対応してくれる場合もありますが、それはあくまで善意によるサービスです。突然予約なしで訪問しても、相続手続きに詳しい専門家が事務所に無ければ、帰宅するしかありませんので、無駄な時間を過ごさないためにも、事前に電話でアポを取りましょう。

専門家と一緒に相続手続き

近親者が亡くなって遺産相続をする機会は誰もが一度は訪れると思います。その時になにもトラブルが起こることなく遺産分配が済めばよいですが、全員がそううまくいくと限りません。もし相続手続きでトラブルが発生した時は、専門家に依頼した方が安心して行えます。

それも相続にはさまざまな書類や手続きがあるので一人で行うのは慣れていなければ大変です。相続人や財産の調査、遺産分割や不動産を持っている方の場合は名義変更なども必要になります。また、借金がある場合は相続放棄という手段もあるので専門家を交えた方が安心できます。

相続手続きに関する記事