弁護士に聞く遺言書作成の方法と注意点

遺言書を作成する時に気を付けたいこととは?

他人に頼らずに相続手続きを行う

司法書士や弁護士が在籍する法律事務所に依頼する事なく、相続手続きを行う事はできます。

しかし、法律の面において有効な遺言書にしようと思えば、相続の手続きに関するルールを知った上で作る必要があるかと思います。

相続手続きについて知るというのは、ホームページや本などから関連する情報を集めると、基本的な事はそんなに難しい事ではないでしょう。

相続手続きに関する問題は、金額の大小に関係なく、多くの人が直面する事でしょう。子供や配偶者が相続の手続きを行う段階になって、何事も問題なくできるのかどうかという事は、遺言書の内容による部分もあると思います。金額が少なくてももめる事もあるそうですので、油断は禁物ですね。

相続手続きと名義変更について

相続手続きをするために、裁判所などに出向く機会が増えるため、時には弁護士や司法書士などの専門的なサービスを活用することも良いといえます。特に、不動産の名義変更をする場合には、高額な費用が発生することがありますが、少しでも節約をしたい場合には、プロの法律事務所の取り組みに目を向けることが良いでしょう。

最近では、相続手続きのサポートの必要性に関して、多方面の情報誌などで特集が組まれる機会が増えてきており、もしもスムーズに対応を取りたい時には、経験者の助言をしっかりと聞き入れることがポイントとなります。

相続人の合意が必要な相続手続き

相続手続きで最も重要なものは、遺産分割協議と言えます。なぜなら、分割の内容について争いが起こりやすく、また相続人全員の合意が必要となるからです。遺産分割協議では、法定相続分での遺産分割が難しい事や、特別受益(生前贈与など)や寄与分(介護など)を考慮する必要があります。特に明確に金額を算出する事が困難である寄与分には争いが多くなりやすく、合意が得られない場合は家庭裁判所で調停や審判を受けて遺産分割をする事になります。

それには弁護士費用や手続きに係る時間など、多大な労力が必要となりますが、それでも調停や審判を受ける相続人は多いため、相続手続きの中では最も重要で難しい手続きと言えます。

相続手続きについて経験豊富な弁護士の選び方について

大阪府で相続手続きについて詳しい弁護士に相談するさいの選び方ですが、一つはインターネットの公式サイトから確認するのが良いです。大阪府にある弁護士事務所や弁護士法人では公式サイトが開設されており、主な実績についてかなり詳しく記載されています。

そこに相続手続きについての記載があれば実績がある弁護士と判断しても問題ありません。インターネットの環境がない場合には、弁護士会に問い合わせをして確認するのも一つの方法です。弁護士会ではある程度弁護士の活動を把握しており、そちらに電話をすれば紹介してもらえます。

相続手続きの相談・手続きは誰に頼むのが良いのか?

相続手続きの相談・手続きを行っている専門家には税理士、行政書士、司法書士、弁護士などがあります。それぞれの独占業務があるので、相談内容に適した専門家に頼むのが適切です。

相続額が大きく節税を考えている場合は税理士、遺言書の作成だけで解決するような場合は書類作成を専門とする行政書士がリーズナブルです。また不動産の相続がメインとなる場合は司法書士、その他相続人の間でトラブルがある場合や代理人として相続人の代わりに相続執行を依頼する場合は弁護士が適切です。

大阪で相続手続きを誰かに頼む場合は、それぞれの専門家が横のつながりをもった事務所を選ぶことでワンストップのオーダーができるメリットがあります。

期限や流れが複雑な相続手続き

一口に相続手続きといっても、実際、その内容はさまざまです。よく聞く言葉としては、遺言書、財産分与、相続税、名義変更などを挙げることができます。しかし、言葉を知っていても、流れや方法やどんな書類を作成するのかなど知らないことがたくさんあります。

いざ自分が相続手続きの場に直面したとき、自分で調べて作業を行うことも可能ですが、膨大な時間が必要になってしまうことも考えられますので、相続の関連事項に強い、専門家を雇って作業を仲介、またはお願いするのがいいでしょう。冷静に物事を進め、決められた期間内で手続きのスケジュールをこなすには最も適切な方法です。

相続手続きに関する記事