弁護士に聞く遺言書作成の方法と注意点

遺言書を作成する時に気を付けたいこととは?

遺産相続手続きの遺留分の権利とは

遺留分の権利を主張することができるのは、権利者と言われていて、配偶者や子ども、孫、両親、祖父母に与えられるものとされています。被相続人における兄弟や姉妹については、法律上で定められている相続人の権利は持っていますが、この権利については保障がなく除外とされています。

このように遺留分は限られた人の権利になりますので、納得いかなかった際には利用することができますので、しっかりと遺産相続手続きにおける権利を主張していくことです。万が一不安や疑問が生じた場合は、一度弁護士や司法書士といった専門家に相談をしてみましょう。

遺産相続手続きにおける遺留分や相続放棄などの内容について

被相続人が亡くなった瞬間から、遺産についての争いははじまっています。遺産相続はケースによっては泥沼化してしまうこともあり、自分自身も後から後悔しないためにしっかりと、対応していくことが挙げられます。

遺産相続手続きがスムーズにいかない場合には、思い切って、弁護士や司法書士などに依頼するのも、対応策として考えることができます。又、遺留分や遺産放棄などの細かな対応が必要となる際にも、細やかに対応してくれますので、依頼するメリットとしてあげることができます。遺産相続には機嫌がありますので、何事も早めに対応されることが重要となります。

遺産相続手続きによる遺留分などの制度について

遺産相続手続きを行うケースにおいて、スムーズに進んでいく場合もありますが、ケースによっては相続人同士での話し合いがまとまらず、泥沼化し裁判にまで発展してしまう可能性すらあります。相続人は親族同士でもありますので、そのようなケースはできる限り避けたいと誰しもが思います。

できる限り円滑に進めたい際には、弁護士や司法書士などの先生に対応してもらう事もできます。専門家に対応してもらうことで、見落としがちな遺留分などの手続きを行う事もできます。いずれにしても結果的に相続人同士が納得いくような形になることが大切です。

遺産相続手続きにおける遺留分と法定相続分の違いについて

遺産相続手続きを行っていく上で、紛らわしい内容があります。法定相続分と遺留分の相続分についての意味合いです。どちらも法律で定められていることですが、違いを把握するのに紛らわしい2点と言えます。法定相続分については、法律によって定められている相続人の相続する場合、基本となる分割の目安になります。

遺産相続の分配は、相続人全員で話し合いをして分配をしていきますが、万が一揉めるような際には法定相続分を参考にして分割を行なっていきます。遺留分の相続分については、遺言書があるケースの場合に、自分の権利となる分け前を無視された場合に主張するケースを言います。遺言書がなければ使用することはありません。

遺産相続手続きにおける遺留分について

遺産相続手続きを行なっていくうえで、煩雑な処理や手続きが伴ってきます。相続人同士でおこなうことは可能ですが、何かトラブルが発生してしまった際になかなか対応するのが、難しくなってきてしまう可能性があります。

被相続人が生前作成した遺言書が納得いかないようなケースは、遺留分を主張することが可能となります。遺留分は法律で定められている権限で、相続人の受け取れる遺産を最低限に保証した制度を言います。これによって、不公平な遺言を覆すことが可能となります。不安がある際には専門家に相談してみることをおすすめします。

相続手続きのポイントと流れ

財産の相続手続きをおこなうかどうかの判断は、故人が死亡した日からではなく、相続が開始されたことを知ってから、3カ月以内に必ずおこなう必要があります。その判断を忘れてしまうと、例えば故人に親族には隠していた借金があった場合、借金を相続してしまうことになるからです。

相続手続きにおいては、知らなかったなどという言い訳は通らず、相続が決定してからでは取り返しはつかなくなってしまいます。まずは遺言書があるかどうかの確認をおこない、誰が相続人になるかを確定します。そして、故人のさまざまな財産を調査するという大よその流れを掴んでおきましょう。

相続手続きに関する記事