弁護士に聞く遺言書作成の方法と注意点 遺産相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)相談

遺言書を作成する時に気を付けたいこととは?遺産分割協議書作成は?

トラブルなく相続手続き、頼れる弁護士

誰でも経験するといえる相続手続きは、スムーズに進めたいものです。そのためには、日頃から家族で話し合っておいたり、機会があれば弁護士に疑問を訊ねておくといいでしょう。子供がいない場合の相続、借金を背負いたくない場合の相続放棄の方法、遺言書の作成方法など些細なことも相談に乗ってくれます。

自治体が地域の弁護士会に依頼して、無料の相談会を実施することもあります。正式に依頼するなら、相続問題に精通した人を選ぶことが重要です。安くない費用を支払うことになるので、慎重に検討して決めたいものです。トラブルで家族の仲が悪くなるのは、悲しいことでしょう。

弁護士の説明で相続手続きはだいたい分かる

分からない説明されてしまった場合でも、もう1回お願いしますとか、わかりやすく説明してくれるとありがたいなどの話を持っていけば、自然としっかり対応するのが弁護士です。相続手続きは、年齢の高い人が多くなっていますから、どうしてもわかってもらえるケースが少なく、1回の説明では納得してくれないことも増えているのです。

そこで考えていくのが、説明をしっかり行って、正しい話を続けていくことです。内容がしっかりしているなら、わかってくれるようになります。依頼を出している人にとって、わかり易い内容としていることがとても安心できることです。

不要な相続手続きは弁護士に話そう

本来なら不要とされていることも、弁護士に話をしていけば変わる場合もあります。いらないと思っていることが、将来的に必要とされていることだったり、行っていないことでマイナスとなる場合もあります。相続手続きの場合は、不要と思っていることが将来的に必要で、大きな変化をもたらす場合があります。

弁護士は、将来のことまで考えて話をしてくれますから、ある程度わかった上で考えやすいでしょう。期待している情報が多くあるなら、それだけメリットを得られると思ってください。相続手続きに困っている人は、どんどん相談をしておきましょう。

相続手続きは弁護士に任せるのが一番

身内の死後、財産があった場合、相続手続きを早く行わなければなりません。その手続きは一つではなく、複数あり、それぞれに手続きの期限が設定されています。これを過ぎてしまうと、当然手続きを行うことが出来ません。

滅多に行う手続きでもないので、手間取ったりしているとあっという間に期日が来てしまいます。そんなときに弁護士さんがいてくれると不安要素はなくなります。弁護士さんは何をどういったスケジュールで行っていくべきかしっかりと理解しているので、ただ指示をお願いするだけで、滞りなく手続きを終えることが出来るのです。

相続手続きについて事前に弁護士へ相談する

離婚をして別居している子供がいる、再婚したなどの事情がある場合、相続の割合について遺族が揉める原因になることも少なくありません。弁護士へ事前に相談しておけば、相続手続きがスムーズに進められるでしょう。配偶者や子供には遺留分があり、財産の何割かを相続する権利が保証されています。

子供の人数によって一人辺り受け取れる額が違ってきますので、介護などの貢献度合いなども考慮しながら、遺言書へ記しておくとよいでしょう。法律で決められた記述方法から逸脱した遺言書は無効になってしまいますので、作成の際は弁護士に立ち合ってもらうと不備が無くなるでしょう。

相続手続きに関する記事

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書などの遺産相続に関する記事以外のお問い合わせはこちら

相続手続き、遺産分割協議書、遺留分、遺言書作成の詳細は弁護士、司法書士にお尋ねください。大阪、神戸、千葉、東京の弁護士、司法書士にご相談ください。

遺言書作成・遺留分について

相続税のお尋ねと税務調査

相続手続き

遺産分割協議