弁護士に聞く遺言書作成の方法と注意点

遺言書を作成する時に気を付けたいこととは?

兄弟姉妹は遺留分を請求できない

遺留分とは、本来受け取ることができるはずだった法定相続分を遺言によって侵害された場合に、一部を取り戻すことができる権利になります。ただ、注意しなければいけない点があります。それは兄弟姉妹は請求することができないことです。

法定相続人であれば遺留分を請求できると勘違いしている方が結構いるので、気をつける必要があります。なぜ権利が発生しないのかというと、相続関係が1番遠いからになります。兄弟姉妹に認めてしまうと、甥や姪にも権利が生じてしまうので、それは妥当ではないと考えられて否定されています。ちなみに代襲相続人には請求する権利があります。

父母も法定相続分の2分の1が遺留分です

夫が亡くなった場合に子供がいる時といない時で相続が大きく変わってきます。子供がいる時は法定相続人は妻と子供でありそれぞれが2分の1ずつ相続します。子供が亡くなっている時は代襲相続と言いましてさらにその子供に相続権が続いていきます。

これに対しまして子供がそもそもいない時は相続人は妻と夫の父母となりますが、法定相続分に違いがありまして妻が3分の2で夫の父母が3分の1です。なお子供もおらず夫の両親ともすでに亡くなっていて妻のほかは夫の兄弟姉妹がいるだけというケースも考えられますが、その場合は兄弟姉妹は4分の1でして、妻が4分の3を相続します。

夫の兄弟姉妹もいないという場合は妻が100%の相続となります。なおこの時の兄弟姉妹の相続につきましては、その本人たちが亡くなっていてもさらにその子供に代襲相続の権利が残ります。兄弟姉妹には遺留分の権利がないのも特徴です。他の家族の場合は法定相続分の2分の1が遺留分として必ず保証されます。

遺留分と財産の価額について

遺留分の計算をスムーズに行いたい場合には、現金や預貯金、土地などの価額をじっくりと見極めることが求められます。特に、信頼度の高い弁護士や税理士などの専門家に相談を持ち掛けることによって、空き時間を使いながら便利な知識を身に着けることができます。

最近では、遺留分を請求するメリットについて関心のある人が増えてきており、裁判上の手続きを進めたい場合には、経験豊富なスタッフから助言を受けることがコツとして挙げられます。その他、遺留分に関するトラブルを避けるために、予め見積り額を提示してもらうことが有効です。

遺留分と節税のテクニック

遺留分の対処の仕方を理解するにあたり、節税のテクニックを身に着けることが重要なテーマとして位置付けられています。近頃は、腕利きの税理士や公認会計士の対応の良しあしについて興味を持っている人が増えてきており、まずは遺留分の総額をじっくりと計算することが課題となりつつあります。

また、顧客サービスの良い専門家の事務所を利用することで、何時でも安心して行動をすることが可能です。もしも、節税のコツをつかみたい時には、同じような立場に置かれている人と意見交換をすることで、将来的なトラブルを防ぐことができます。

遺留分の具体例

遺留分とは遺言により遺産を取得することができない相続人が、最低限保証されている遺産をもらえる権利のことを言います。配偶者、子ども、直系尊属がその権利を持っています。直系尊属しか相続人がいない場合には遺産の3分の1、それ以外の場合には2分の1が遺留分になります。

具体例としては、遺産が3千万円で、直系尊属のみの場合は3分の1の1千万円を遺留分として主張することができます。配偶者と直系尊属が相続人の場合には2分の1の1千5百万円を主張することになります。これらの金額が最低限もらえる権利となり、2種類の計算方法があることが分かります。

もらえる遺留分はあまり多くない

遺留分は、最低限の設定を作るためにおかれたもので、総取りする問題を解消するために導入されています。最低限の分配ができるように提供されているラインですから、当然低い設定がされています。

分数で書かれているため、もらっている金額に対してこれくらいは出すようにと言われ、末端になるに連れて受け取れる金額は小さくなってしまいます。かなり低い金額になることもあるので、どれくらい貰えるかはチェックすることになります。そして金額がおかしいと思っている場合は、先に情報が間違っていないか確認して、もう1度金額の計算をしてもらいます。

遺留分を請求することで一部の権利を取得できる

兄弟姉妹以外の相続人には法律により遺留分が認められているので、遺言書によって財産が分与されないようなことになった場合でも、相続財産の一定割合を取得することができます。

割合は基本的には直系尊属のみが相続人の場合以外は、被相続人の財産の1/2となります。代襲相続によって、相続権を得たものにも与えられた権利であり、権利を行使するためには遺留分減殺請求をすることが必要となります。手続については、相続の開始から一定期間内に行わないと時効によって請求権が消滅してしまうので、早期に手続きを済ませるためにも専門家に頼むと良いでしょう。

遺留分についての説明

遺留分といえば、被相続人の兄弟姉妹以外の相続人に対して留保された相続財産の割合のことを指しますが、これは法律で定められたものです。例えば、遺産配分を全額1人の相続人に渡すという遺言書があったとしても、他の相続人が遺留分を主張すれば認められます。

これは被相続人の処分によって奪うことができませんが、相続廃除や相続欠格に該当した場合は、別で適用されなくなります。割合は、直系尊属のみが相続人の場合は被相続人の財産の1/3となり、それ以外の場合は全体で被相続人の財産の1/2となります。相続についての主張は家庭裁判所で争うことになります。

大阪弁護士会

HP

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

遺言書作成・遺留分に関する記事