弁護士に聞く遺言書作成の方法と注意点

遺言書を作成する時に気を付けたいこととは?

費用がかかる遺言書作成の方法

一部の遺言書作成の方法では、公証役場手数料という費用が必要になってくる事もあります。

仲がいい家族の間に亀裂が入る事を考えると、費用がかかってもより確実な遺言書作成の方法をセレクトしておいた方がいい場合もあるでしょう。

遺言書作成の方法はいろいろありますが、一度完成するとあまり変更などがない方がいいですね。

遺言書作成の方法については、最初によく考えてから決めたいですね。どうやって遺言書作成の方法を選べばいいか分からないという場合には、法律家に相談するのもいいでしょう。最初にきちんと行っておく事で、後が楽になる事もあります。目先の事だけでなく、長いスパンでどうすればいいのか考えたいですね。

遺言書作成後の保管について

自分の死後、残した財産などをどの人にどのくらい相続するかなどを記したものを遺言書といいます。相続人の間でトラブルが起きないようにするためには、遺言書作成はすべきものです。遺言書は自筆でなければなりません。

そして遺言書作成後の保管は、紛失したり、偽造されたりしたら大変なので、弁護士などの専門家に保管を依頼し、その人を遺言執行者に指定しておくようにするのが良い方法です。遺言書執行者を指定しておくことで、死後遺言書の内容に沿って手続きをスムーズに進めてもらうことができます。そうすることで相続人の間の煩わしい問題が起きないで済みます。

死亡時に有効となる遺言書作成をしよう

死亡時に備えて遺言書作成をするには、法律に関する様々な知識や経験が要求されることがありますが、顧客対応の良い法律事務所に継続してアドバイスを受けることが欠かせません。

また、遺言書作成のサービスの優れている法律事務所は、全国に多くあることが知られており、各分野の専門のスタッフがそろっている事務所の実力をしっかりと見極めることが良いでしょう。

一般的に、死亡時に有効となる遺言書作成のポイントについては、大手の経済情報誌などで特集が組まれることがあるため、常に便利な情報を集めることが成功につながります。

兄弟姉妹のために遺言書作成をするには

兄弟姉妹のために遺言書作成をするケースにおいては、相続財産の総額をしっかりと計算することで、将来的に争い事を防ぐことが可能です。大手の法律事務所においては、遺言書作成に関する多種多様なサービスが導入されており、様々な家庭内の事情に対応をするうえで、経験豊かな弁護士や司法書士などに助言を求めることが良いでしょう。

また、兄弟姉妹の人数によって、遺言書作成をする際に内容を変更することが成功の秘訣として挙げられます。その他、需要の高い法律事務所にアドバイスを受けながら、地道に対策を立てることが効果的です。

遺言書作成のポイントとは

公正証書遺言での遺言書作成をする際には少し難しいので、専門家にサポートしてもらう事をおすすめします。大阪や東京などの都市部に多く、無料の相談で気軽に相談する事が可能です。改製原戸籍や戸籍など、遺言書作成において必要な書類等を代わりに全て収集してくれます。

遺産関係での調査や書類の作成は代わりに行って下さいます。公正証書遺言作成の当日は、立会人の証人2人が必要となってきます。遺言の内容が知られてしまいますので、守秘義務がある信頼をできる人を選ぶ事が大切です。万端な準備をしてくださっていますので、専門家のサポートを受けることはやはり必要不可欠です。

遺言書作成を思い付いた時には

資産を所有している方が遺言書を残していない場合、残された家族間での遺産相続分については法律で定められている通りに適用されます。法定相続分としての取り扱いとされるものの、遺産分割協議によって異なる定めでの分配が行われる場合もあり、家族などの法定相続人の間で大きなトラブルも発生する可能性が浮上します。

公平で円滑な相続手続きが行われるためには、遺言書作成が必須となります。大阪を中心に、作成業務についてのアドバイスや代行などが行われている専門機関も多く、事前の相談を無料で受け付けてもらえることもあります。

紛争トラブルを未然に防ぐ遺言書作成

自分の死後、遺産トラブルで遺族が争うことがないように願うなら、遺言書作成することをおすすめします。遺言書をもとに遺産が配分されますから、遺族はそれに従うまでです。ですが、記入もれが多い場合や、パソコンで入力したものは法的に認められなくなりますから、書き方など注意深く良く確認してから取りかかるべきです。

また遺族には、最低減守られている遺産の割合がありますから、これを無視した極端な配分をしてしまうと、その遺族から残された遺族に遺留分減殺請求されてしまうため、問題を生じさせてしまう恐れがありますから気をつけましょう。

遺言書作成を見守ろう

誰も見ていないところで書いておくのもいいのですが、高齢になると漢字の間違えなど、色々な問題があります。ちょっとしたことで無効となる遺言書もありますので、遺言書作成を誰かが見てあげることも大事です。

基本的に専門の人にお願いすれば、この対応はしてもらえるのですが、意外と頼むのにもお金がかかります。何とか安く抑えたいと思っているなら、信頼できる人が側にいて、書いてもらうようにしてください。これなら信頼できる人が内容を把握しつつも、外部に漏らすこともありません。家族ではない人にお願いして見てもらうこともいい方法です。

遺言書作成はきっちりと行いましょう

遺言書作成は残された家族への最後のメッセージなので、必ず作成するようにしてください。遺産が多いとか少ないに限らず、作成するのが望ましいです。少しの遺産あっても、残された家族がもめてしまうこともありますし、遺言書作成が無いがために家族がバラバラになってしまう可能性もあります。

遺言書はとても簡単で、法律によってルールを決められているので、そのルールに則って記載していくだけです。とても簡単に作成することが出来ますので、作成するようにしてください。作成後は法律をきっちりと守られているかどうかを確認しておく必要があります。

遺言書作成のルールは法律で決められています

遺言書作成は細かいルールが法律によって定められています。少しでもルールが守られていない場合は、無効となってしまう可能性が高く、きちっと書く必要があります。ルールもとても細かいので、自分ひとりではチェックをしていても見逃すこともあります。

そんなときに利用したいのが弁護士です。弁護士であれば、きっちりとチェックをしてくれるので、無効で意味がないという事態は避けられます。せっかく遺言書作成したのなら、弁護士に確認をしてもらい自分が言いたいことがしっかりと、伝わっているのかどうかチェックしてもらいましょう。

遺言書作成・遺留分に関する記事